■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■パッツィーニがこんないい選手だとは思わなかった。。。

チャンピオンズリーグのバルサ戦で先発したジャンパオロ・パッツィーニ。彼はトップの位置で期待を大きく上回るプレーで2-0というスコアに大きく貢献してくれました。

加入時はカッサーノとのトレードだったため、批判的な声も多かったようです。
カッサーノよりも若いとはいえ、インテルでくすぶっていたパッツィーニとミランの攻撃の中心と期待されていたカッサーノは普通に考えて釣り合いません。

ここまで10得点を決めているものの、悪い試合ではほとんど消えていたり、ボールが収まらないシーン、つぶされるシーンが目立っていました。
これまでのプレーでミラニスタを納得させる活躍は出来ていなかったと思います。

個人的にはマキシ・ロペスを残しておいた方が活躍してくれると思っていましたし。(イブラが抜けることが決まっていたら残していたかもしれませんけどね)


そして極めつけは冬のメルカートでバロテッリが移籍してきたこと。
加入後いきなり存在感を見せたバロテッリ、攻撃を活性化させて一気にミランの攻撃の中心人物となりました。

パッツィーニの立場はますます悪化していきます。

そんな中彼にとって絶好のチャンスがチャンピオンズリーグでした。

バロテッリはシティ在籍時に出場していたため、今シーズンはチャンピオンズリーグに出場することはできません。

となれば出番はパッツィーニに回ってきます。

バルセロナ戦でパッツィーニに与えられた仕事は前線でボールを収めること。7,8割はボールを支配されます。しかもほぼミラン陣内でパスが回ります。しかしこれは仕方ないことで、必要とあらば全員引いてでもゴール前を固めます。

そしてわずかにずれたパスをカットし、クリアします。

ここでカットできずに崩されたら点を奪われます。クリアまで行ってもそのボールは高い確率でバルサが拾うためまた高い集中力で守備しなければならず、これを防ぎきるのは容易ではありません。

もし、クリアボールを拾ったのがミランであればカウンターからチャンスが生まれます。カウンターに繋がらなくてもキープして回せれば守備の連係を整えつつ休むことができます。

だからパッツィーニがボールを収めれるかは、非常に重要なミッションだったのです。それこそ勝敗を分けるカギとなるわけです。

そして予想以上にボールを収めてくれました。もうバスケのゴール下のように腰を落としてキープしようとしていましたね。無理そうならファールを貰うこともしていましたし、何とかシュートで終わって戻る時間を作ることもしていました。プジョルと接触する熱いプレーを見せたり、勝利への執念が本当に凄まじかったです。

フォワードとして得点に絡めなかったことは残念だとは思いますが、本当に献身的でチームの完封勝利に貢献しました。
バルセロナ戦でのプレーを見る限り、パッツィーニがこのままバロテッリの影に隠れてシーズン後半を過ごすことは無くなりそうです。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

PR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

広告

ランキング

b_02.gif
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキングに参加中です。このブログが気に入っていただけたら、1クリックお願いします。

アクセス数

amazon.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。