■試合結果

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■結果 第6節インテル戦

セリエA第26節インテル戦は1-1の引き分けに終わりました。

大事な大事なダービーで引き分けという結果はもちろん悪くはありませんが、やはり勝ちたかったですね。首位との勝ち点差は13となり、スクデットは絶望的です。

内容は前半はミラン、後半はインテル、といった感じでしたね。スコアも前半に1点とり、後半に1点とられた格好でスコア通りの内容だったと思いますね。

しかし前半のミランは圧巻でしたね。もう強い強い。ボールを持ってる時も良かったし、ボールを奪いに行く動きもほぼ素晴らしく、45分間完璧でした。ピンチらしいのも少なかったですよね。

そんな中21分、エル・シャーラウィのアウトサイドというか、トゥキック気味のおしゃれシュートで1点先制、その後もバロテッリの得点こそならなかったものの惜しいシーンがたくさんあり、まさに負ける気がしない状態で折り返しました。

後半に入るとインテルが攻め込んできます。結構ピンチが続いていましたが、長友のクロスにスケロットが頭で合わせて失点してしまいます。

その後は互角か、ちょいミラン優勢で試合は進みましたが、引き分けでお互いOKなムードになっちゃいましたね。

個人的には勝ちに行って欲しかったですが。。。

得点も獲れたし、チャンスはたくさん作れたので攻撃面はだいぶ自信を感じます。
ただやはり守備ですよね。クロスボールの対応が悪いのは開幕当初から改善されませんね。

バルサ戦では90分間続きましたが、リーグではやはりどこかで抜けちゃうんですよね。仕方ないかもしれませんけれども。

ただ90分通しても実力ではミランが今は1枚上かなという印象は受けますね。やはりバロテッリ加入は大きいです。

この調子で最後まで行ければ首位に肉薄、くらいまではいけるかもしれませんけどねー。ユベントス独走はさすがにつまらなすぎますので、ミランが盛り上げて欲しいですよね。

やはりバルサに勝ったという自信を感じます。これからシーズン終盤チャンピオンズリーグも含め、本当に楽しみです。
スポンサーサイト

■結果 第23節 ウディネーゼ戦

第23節ウディネーゼ戦は2-1でミランが勝利しました。

いやいや本当にギリギリでしたね。しかし内容としては勝利に値するものでした。本当に素晴らしいチームになってきています。

やはりバロテッリ加入によるところが大きいですね。

パッツィーニの負傷離脱で急遽スタメンでの出場となったバロテッリですが、期待に応える見事なプレーでした。ボールを受ける動き、キープ力、展開力、本当に質が高い。そしてドッピエッタです。

彼の加入によって今までのミランにはなかったパターンが出ましたね。エル・シャーラウィ、バロテッリ、ニアンの平均年齢20歳の3トップの迫力は物凄いですね。

中盤やサイドバックも高い位置をキープし、相手陣内でボールを上手く回せていました。

連携も良く、もっと点を取れてもおかしくなかった試合です。

あれでまだバロテッリが入って1試合目なので連携がさらに良くなると期待できます。そしたらもっと良い攻撃ができるでしょうね。

バロテッリの2ゴールはどちらも良かったですね。1点目は奇跡的なポジショニングですね。シュートも難しいのを簡単にやってのけました。
2点目は個人的には好きではないですが、見事なPKでしたね。相手キーパーに完勝です。


一方の守備はまた課題が出ましたね。後半10分に追いつかれるまではパーフェクトな内容でしたけども。
守備陣全体としてあの失点した時間帯は怠慢になってましたかね。じゃなきゃあの2対2はありえない。。。

あの失点シーンのことじゃないですけど、サパタってなんか1試合通して見ると集中しきれてないシーンがありますよね。凄くいいディフェンダーなんですが、そこは改善してもらわないと。。。

失点以降は落ち着きを失ってしまいました。

残念ながら今の若いミランにはまだメンタルの部分で大きな成長が必要ですね。

勝ち越しのPKもラッキーでしたね。ホントに助かりました。

とまぁ、ギリギリの内容ではありましたが、勝利したことで勝ち点で4位のインテルと並びましたね。今3連勝と好調なので、このままバルサ戦までいってほしいです!

■結果 第22節アタランタ戦

1月27日に行われたアタランタ戦は1-0でミランが勝利しました。

アウェイでの勝ち点3、本当によかったです。これで5位浮上です。ヨーロッパリーグの出場権獲得圏内までついに上がってきました。

内容は褒めれたものではありませんが、勝ち切りました。

前半だけで見ると、本当にいい感じでしたね。多くのチャンスを作ってましたし、良い時間に先制点も取れました。

右、左両サイドからバランス良く攻めれていたのも良かったです。右のニアンは本当にいい選手ですねー。判断力等は改善の余地有りかなって思いましたが、フィジカル、テクニックは高いですね。エル・シャーラウィもゴールシーンも勿論素晴らしかったですが、全体的に存在感ありました。

そして後半、荒れましたねー。審判も上手くなかったと思いますが、アタランタは退場者2人を出してミランの勝利かと思いましたが、終了間際に思わぬ防戦一方でしたね。

後半はオフェンスでも前半より質が落ちましたし、守備で何度もピンチを迎えました。特にサパタのゴール付近であり得ないミスがあり、アレは終わったと思いましたね。。。実際追いつかれてもおかしくない内容でした。人数は多いにも関わらず、あの後半の試合内容はちょっと問題ありですね。

とはいえ、アウェイでの難しい相手に勝利は大きいです。順位も上がってきてモチベーションも高まります。上位の勝ち点差が上手い具合にバラけてるんですよねー。4位から1位まで3差ずつです。これはモチベーションキープしいやすいですよね。まー2位から4位までも同じことが言えますけどね。
ユベントスはプレッシャーしかないので、もしかしたらコケ出すかもしれませんね。

ということで、今回のミラン勝利で上位争いが面白くなってきたセリエAです。まだまだミランは上へ行けます!

■結果 第21節ボローニャ戦

20日に行われたボローニャ戦は2-1でミランが勝ちました。

立ち上がりから主導権を握ることができ、90分を通して良い内容だったかと思います。

特に前線でのアイディアというものが見られましたし、コンビネーションで崩す動きも多かったです。相手GKがノリノリでしたので、2点止まりでしたがもっと点差がついてもおかしくない試合でしたね。

それにしてもドッピエッタのパッツィーニはどちらも良いゴールでしたね。身体の強さを生かして決めてくれました。特に2点目は美しいゴールでしたね!

もっと強いチーム相手でもあれくらいボールキープできたら言うことないですねー。

今日は左サイドのエル・シャーラウィとコンスタンがすごく良かったですね。
実際コンスタンがここまで奇跡のドリブルをするとは思いませんでしたね。今日はあまり見せ場がありませんでしたが、守備も強いですし、これから彼の評価はもっと高まってくるでしょう。

あとは右サイドで先発したニアンですね。これまた楽しみな選手です。ホントに巧いです。18歳とわっかいんですよね。テクニックは既にスゴイですし、これからフィジカルも上がっていくようならホントにすごいストライカーになるかもしれませんね。

何気にミランはフランス率高くなってきましたね。コンスタン、ニアンの他にもメクセスやフラミニなんかもそうです。

まー失点は見事なまでの油断でしたねー。普通のクロスにどフリーでしたからね。。。
仕方ないかと思います。

それ以外で言えば、上手く守っていたので良かったです。サパタも馴染んできましたし、いいことですね。

これで6位浮上です。チームは良い流れですし、このまま連勝していきたいです。

■結果 第12節 フィオレンティーナ戦

セリエA第12節のフィオレンティーナ戦は0-0で引き分けでした。

アウェイながらほぼ完璧な試合内容でした。ボールを支配してほとんど相手サイドでのボール運びでしたし、カウンターのケアも良かったです。

しかしどうしてもゴールできなかったですね。セードルフがオフサイドとられたシーンやパトの個人技からポストを叩いたシーンなど、惜しいのはたくさんありました。

まぁ仕方ないですね。こんな日もありますよね。

首位目前でしたので勝ち点3が欲しかった試合ですが、リーグ戦のまだまだ序盤ですから、結果よりも内容が良かったことをポジティブに考えたいです。

とくにプレシーズンから開幕当初にかけてのアンブロジーニが酷かったですが、徐々にキレを取り戻してきました。中盤の負傷者はまだまだ戻ってこなさそうですので、彼の復活はホントに嬉しいです。

そしてパトも復帰し、途中出場していきなり違いを作れる選手だと改めて証明してくれました。

次節からはプリンスも戻ってきますし、ある程度ターンオーバーしつつ、勝ち点を積み重ねることができるチームになりつつあります。

次節以降は本当に期待できると思います。

PR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

広告

ランキング

b_02.gif
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキングに参加中です。このブログが気に入っていただけたら、1クリックお願いします。

アクセス数

amazon.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。