■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■パッツィーニがこんないい選手だとは思わなかった。。。

チャンピオンズリーグのバルサ戦で先発したジャンパオロ・パッツィーニ。彼はトップの位置で期待を大きく上回るプレーで2-0というスコアに大きく貢献してくれました。

加入時はカッサーノとのトレードだったため、批判的な声も多かったようです。
カッサーノよりも若いとはいえ、インテルでくすぶっていたパッツィーニとミランの攻撃の中心と期待されていたカッサーノは普通に考えて釣り合いません。

ここまで10得点を決めているものの、悪い試合ではほとんど消えていたり、ボールが収まらないシーン、つぶされるシーンが目立っていました。
これまでのプレーでミラニスタを納得させる活躍は出来ていなかったと思います。

個人的にはマキシ・ロペスを残しておいた方が活躍してくれると思っていましたし。(イブラが抜けることが決まっていたら残していたかもしれませんけどね)


そして極めつけは冬のメルカートでバロテッリが移籍してきたこと。
加入後いきなり存在感を見せたバロテッリ、攻撃を活性化させて一気にミランの攻撃の中心人物となりました。

パッツィーニの立場はますます悪化していきます。

そんな中彼にとって絶好のチャンスがチャンピオンズリーグでした。

バロテッリはシティ在籍時に出場していたため、今シーズンはチャンピオンズリーグに出場することはできません。

となれば出番はパッツィーニに回ってきます。

バルセロナ戦でパッツィーニに与えられた仕事は前線でボールを収めること。7,8割はボールを支配されます。しかもほぼミラン陣内でパスが回ります。しかしこれは仕方ないことで、必要とあらば全員引いてでもゴール前を固めます。

そしてわずかにずれたパスをカットし、クリアします。

ここでカットできずに崩されたら点を奪われます。クリアまで行ってもそのボールは高い確率でバルサが拾うためまた高い集中力で守備しなければならず、これを防ぎきるのは容易ではありません。

もし、クリアボールを拾ったのがミランであればカウンターからチャンスが生まれます。カウンターに繋がらなくてもキープして回せれば守備の連係を整えつつ休むことができます。

だからパッツィーニがボールを収めれるかは、非常に重要なミッションだったのです。それこそ勝敗を分けるカギとなるわけです。

そして予想以上にボールを収めてくれました。もうバスケのゴール下のように腰を落としてキープしようとしていましたね。無理そうならファールを貰うこともしていましたし、何とかシュートで終わって戻る時間を作ることもしていました。プジョルと接触する熱いプレーを見せたり、勝利への執念が本当に凄まじかったです。

フォワードとして得点に絡めなかったことは残念だとは思いますが、本当に献身的でチームの完封勝利に貢献しました。
バルセロナ戦でのプレーを見る限り、パッツィーニがこのままバロテッリの影に隠れてシーズン後半を過ごすことは無くなりそうです。
スポンサーサイト

■結果 第6節インテル戦

セリエA第26節インテル戦は1-1の引き分けに終わりました。

大事な大事なダービーで引き分けという結果はもちろん悪くはありませんが、やはり勝ちたかったですね。首位との勝ち点差は13となり、スクデットは絶望的です。

内容は前半はミラン、後半はインテル、といった感じでしたね。スコアも前半に1点とり、後半に1点とられた格好でスコア通りの内容だったと思いますね。

しかし前半のミランは圧巻でしたね。もう強い強い。ボールを持ってる時も良かったし、ボールを奪いに行く動きもほぼ素晴らしく、45分間完璧でした。ピンチらしいのも少なかったですよね。

そんな中21分、エル・シャーラウィのアウトサイドというか、トゥキック気味のおしゃれシュートで1点先制、その後もバロテッリの得点こそならなかったものの惜しいシーンがたくさんあり、まさに負ける気がしない状態で折り返しました。

後半に入るとインテルが攻め込んできます。結構ピンチが続いていましたが、長友のクロスにスケロットが頭で合わせて失点してしまいます。

その後は互角か、ちょいミラン優勢で試合は進みましたが、引き分けでお互いOKなムードになっちゃいましたね。

個人的には勝ちに行って欲しかったですが。。。

得点も獲れたし、チャンスはたくさん作れたので攻撃面はだいぶ自信を感じます。
ただやはり守備ですよね。クロスボールの対応が悪いのは開幕当初から改善されませんね。

バルサ戦では90分間続きましたが、リーグではやはりどこかで抜けちゃうんですよね。仕方ないかもしれませんけれども。

ただ90分通しても実力ではミランが今は1枚上かなという印象は受けますね。やはりバロテッリ加入は大きいです。

この調子で最後まで行ければ首位に肉薄、くらいまではいけるかもしれませんけどねー。ユベントス独走はさすがにつまらなすぎますので、ミランが盛り上げて欲しいですよね。

やはりバルサに勝ったという自信を感じます。これからシーズン終盤チャンピオンズリーグも含め、本当に楽しみです。

■結果 CLバルセロナ戦

久しぶりの更新です。

更新できていなかった間のミランは好調で、リーグ戦では、1勝1分、そして迎えたUEFAチャンピオンズリーグのバルセロナ戦です。

結果は2-0での勝利!ホームでの試合でしたがアウェイゴールを許さず、理想的な展開で2ndレグをむかえることができます。

しかし試合は大方の予想通り、バルセロナのペースで終始進んでいきます。

圧倒的なポゼッションを誇るバルセロナに対し、ミランはガッチリ引いてカウンター狙いです。

もはやバルサに勝つにはこれしかないというスタイルです。守備陣はほぼ90分間耐えしのぐ必要があり、これは普段リーグでしているサッカーとは真逆のサッカーなわけです。

しかしミランの守備は完璧に近かったです。
直前のパルマ戦、2-0から終了間際に余計な失点をしてしまった試合がありましたが、今思えばあれはいい教訓になったと思います。最後の最後まで集中力を保ち、守備が崩されることなく試合終了までいけましたね。

得点も1点目はラッキーな判定かもしれませんが、ボアテングのナイスゴール!2点目はモントリーボ、ニアン、エル・シャーラウィ、ムンタリと繋いで完璧に相手守備陣を崩しきってのスーパーゴールです!

2点目は興奮しましたね!あのバルサ相手にチームで崩してのゴール、もうヤバイですね!

とはいえ、やはりしっかり守ったからこそスペースが生まれたわけで、無失点に抑えたことが一番ですね。

これで、ベスト8進出に大きく前進です。
次の2ndレグで必要なのは失点を1以内に抑えること。そうすれば無条件で突破です。さらに目指すのはアウェイゴールを狙うことです。アウェイゴールが1つ獲れれば、バルサは4点が必要となり、かなり有利になれます。
面倒なのが今回と同じく0-2で敗れた場合、延長、さらに同点の場合はPKとなります。

できれば、失点を1以内に抑えつつ、カウンターで何とか1点を決めて欲しいです!

この勢いに乗ってリーグ戦は本日インテルとのデルビーです。ビッグマッチが続きます。疲労はありますが、インテルもヨーロッパリーグの後ですので条件はさほど変わりません。
バルサとの戦いで自信を手にした選手たち、そしてチャンピオンズリーグに出場できないため元気いっぱいのバロテッリに期待です。

■結果 第23節 ウディネーゼ戦

第23節ウディネーゼ戦は2-1でミランが勝利しました。

いやいや本当にギリギリでしたね。しかし内容としては勝利に値するものでした。本当に素晴らしいチームになってきています。

やはりバロテッリ加入によるところが大きいですね。

パッツィーニの負傷離脱で急遽スタメンでの出場となったバロテッリですが、期待に応える見事なプレーでした。ボールを受ける動き、キープ力、展開力、本当に質が高い。そしてドッピエッタです。

彼の加入によって今までのミランにはなかったパターンが出ましたね。エル・シャーラウィ、バロテッリ、ニアンの平均年齢20歳の3トップの迫力は物凄いですね。

中盤やサイドバックも高い位置をキープし、相手陣内でボールを上手く回せていました。

連携も良く、もっと点を取れてもおかしくなかった試合です。

あれでまだバロテッリが入って1試合目なので連携がさらに良くなると期待できます。そしたらもっと良い攻撃ができるでしょうね。

バロテッリの2ゴールはどちらも良かったですね。1点目は奇跡的なポジショニングですね。シュートも難しいのを簡単にやってのけました。
2点目は個人的には好きではないですが、見事なPKでしたね。相手キーパーに完勝です。


一方の守備はまた課題が出ましたね。後半10分に追いつかれるまではパーフェクトな内容でしたけども。
守備陣全体としてあの失点した時間帯は怠慢になってましたかね。じゃなきゃあの2対2はありえない。。。

あの失点シーンのことじゃないですけど、サパタってなんか1試合通して見ると集中しきれてないシーンがありますよね。凄くいいディフェンダーなんですが、そこは改善してもらわないと。。。

失点以降は落ち着きを失ってしまいました。

残念ながら今の若いミランにはまだメンタルの部分で大きな成長が必要ですね。

勝ち越しのPKもラッキーでしたね。ホントに助かりました。

とまぁ、ギリギリの内容ではありましたが、勝利したことで勝ち点で4位のインテルと並びましたね。今3連勝と好調なので、このままバルサ戦までいってほしいです!

■第23節 ウディネーゼ戦

2月3日はウディネーゼ戦があります。

ウディネーゼはディ・ナターレを筆頭に攻撃力は相当あります。今シーズン失点が多いので9位と低迷していますが、かなり強いです。

特にビッグクラブに対しては守りを固めてカウンター、しかもそれをディ・ナターレが担うので、非常に効率的です。
ミランも過去にやられています。今回もピンチは何度か迎えるでしょうが、上手く守って欲しいです。

そして前回の対戦では1-2で敗れているんですね。あの時は難しい時期での対戦だったので、今回はだいぶ違うと思います。前回はアウェイでしたしね。

一方のミランは連勝中で好調と言えますね。さらに注目はバロテッリですね。合流したばかりで出場機会があるかは微妙なところですけども、早く見たいですね。
連携、戦術等いろいろありますけど、ミランの得点力は間違いなく上がりますので、できるだけ早くフィットしてもらいたいです。

今シーズンのアッレグリは大胆な采配が多いイメージがあるので、いきなり先発もあるかもしれませんね。


ホームですし、大事な試合です。というのも勝てば、インテルの結果次第で4位に浮上できるんですよね。インテルが負けるまではミランは勝ち続けたいところです。
というわけで予想スコアは2-1でミラン勝利です。

PR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

広告

ランキング

b_02.gif
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキングに参加中です。このブログが気に入っていただけたら、1クリックお願いします。

アクセス数

amazon.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。